北村由衣のブログ

TypeScript TS7053 Error

TS7053エラーの解決

TS7053: (TS) Element implicitly has an 'any' type beacuse expression of type 'string' can`t be used to index type 'Sample'. No index signature with a parameter of type 'string' was found on type 'Sample'.
今回はこのTypeScriptエラーを解消します。 実行環境はReact17.0.2です。

エラーが発生するコード例 sample.tsx
export interface Sample {
    id: number,
    name: string,
    birth: Date
}
let data: Sample = {
    id: 27,
    name: 'myName',
    birth: new Date(1997,9,30)
}
let sampleKeys: string[] = ['id', 'name', 'birth'];

let errSample = sampleKeys.map((strKey) => data[strKey]);
// TS7053 error at data[strKey]

解決のためには、オブジェクトのキー値の型を指定します

エラーを解消したコード例。2行目が差分
export interface Sample {
    [Key: string]: any;
    
    id: number,
    name: string,
    birth: Date
}
let data: Sample = {
    id: 27,
    name: 'myName',
    birth: new Date(1997,9,30)
}
let sampleKeys: string[] = ['id', 'name', 'birth'];

let worksGood = sampleKeys.map((strKey) => data[strKey]);
// no error
別解として、追加した宣言だけを持つinterfaceを定義して、Sampleの基底にすることもできます
export interface IStringKey{
   [Key: string]: any;
}
export interface Sample extends IStringKey{
   id: number,
   // (後略) 最初と同じ

// NOTE interfaceではなくclassの場合はimplements

つれづれ

先日より初めてTypeScriptを触り始めたばかりです。AngularとReactとをそれぞれ、こいつは何者ぞ?と思いながらいじっています。 jQueryは業務でだいぶいじってきましたが、templateHTMLを活用したり、仮想DOMを用いてDOM操作をライブラリに隠蔽したり、すごい世界が広がっているようです。
TypeScriptで登場する型や自作classといった概念には、JavaやC#での開発をしていますのでどっぷり馴染んでいます。 型の無いJavaScriptのvarやlet宣言は便利なようでいて、やはり不可解な意図せぬ動作を起こしやすかったです。 型安全は良いですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントはこちらからお寄せください