北村由衣のブログ

健康保険証の氏名を通称名にしました

通称名って?

今回の話題の、そもそもな部分に一応触れておかないといけないかな、と。
私は性同一性障害当事者(MtF, 出生時男性/自認性女性)です。性自認に沿った姓名を、戸籍の実名とは異なる名義である「通称名」として日常に用いています。
その通称名が「北村由衣」なのですが、いかんせん自らが名乗っているものであり、公的に担保された名義ではありません。

公証してもらった書類は以前の記事で書いた通りですが、その際に触れた「健康保険証の名義」の変更を、してきました。

健保とのやり取り

私の勤務先(休職していますが)が加盟している健康保険組合の適用窓口とほぼ直接やり取りをして、手続きをしました。
健保は東京都情報サービス産業健康保険組合(TJK)で、担当部署は適用グループでした。 担当者さんは、私が初めて電話で問い合わせをしたときに応対してくださった近*さんが、そのまま最後まで応対してくださいました。

今年(2021)の9月下旬に初めての問合せをしました。厚労省の通知の事と、 私が当事者である旨、そして通知に準じて保険証表面に記載する氏名を、通称名にして欲しい旨を伝えました。
通知の趣旨をご理解いただき、対応を進めていただけるとのお返事をいただきました

健康保険組合との実務的な窓口は、勤務先の総務部門です。名義に関わることで、会社の事務にも影響があるだろう、ということで、 実際に手続きを進める前に、会社の担当部門と連絡を取りました。
システム開発部門の部長および本部長、総務部門の実務責任者の3名と面談をし、 性同一性障害であること、女性として復職後は働きたいこと、をお伝えしました。
そのうえで、健康保険証については健保の合意を得ており、手続きが進められる状態である、と伝え、了承を得ました

変更する手続きにあたり、厚労省の通知に添付されている申出書を若干カスタマイズして送付しました。

性同一性障害に伴う健康保険証への通称名記載を求める申出書

申出書に添えて、性同一性障害の診断書と、公証された宣誓供述書の原本を1部、送付しました。
いったん会社に送り、会社から健保に送付してもらいました。一応個人からの直送でも健保的には問題なかったそうですが、 会社とも合意してますよ、というアピールを込めて、会社経由にしました。
宣誓供述書で「通称名が日常的に使っているものである」旨の証明にしたのですが、 健保の担当者さんから「もしできれば…」ということで追加の書類をお願いされてしまいました。
公証役場と性同一性障害の通称名の宣誓供述書なんて、調べても事例出てこないでしょうからね、 戸籍の姓名変更に関して出てくる情報に近い形での証跡提出をお願いされた感じでした。
親からの郵送物や、各種宅配伝票、それと北村由衣で登録した清瀬市図書館の利用者カード等をコピーして送付。 問題なくそれらで受理されたようでした。

健保(TJK)として初めての事例ということで、健康保険証の発行システム自体にも改修をかける必要があったらしいです。 それでも、申請から1ヶ月で…新しい保険証が出来た、と連絡が入りました

新しい健康保険証

通称名が記載された健康保険証の表面通称名が記載された健康保険証の裏面

12月22日に私の手元に来た新しい健康保険証です。
氏名が通称名の「北村由衣」(裏面参照とは書かれてますが)。併せて申請した性別の裏面表記もしてもらいました。

会社の総務宛に送付してもらったので、交付日の12/14からは1週間ほど遅れての受領になりました。
その際に、会社側での対応の進捗状況とか聞けたので、よかったです。着実にできることを進めてくれているようでした。

自立支援の氏名変更

以前の記事(通称名と自立支援)で触れた通り、 市役所から、保険証の名義に合わせて登録氏名を変更申請してほしいと、言われていました。
なので、保険証を受け取った翌日、清瀬市役所の障害福祉課の窓口へ行って、手続きをしてきました。

健康保険証の氏名を通称名に変えたのに伴う「自立支援医療受給者証等記載事項変更届

通院と薬局

保険証の券面事項が変わったということで、通っている病院と薬局には、 新しい保険証を提示しました。
北村由衣さん、って呼んでもらえるの、嬉しいですね。猫耳がぴょこぴょこしちゃいます🐈


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントはこちらからお寄せください